【NCT DREAM】NCTのマンネ、ステージの達人チソンパーク

筆者が見つけた面白いアイドルシリーズ第3弾。

第1弾のNCT DREAM チョンロ第2弾のTXT カンテヒョンに続き、再びNCT DREAM パクチソンの魅力を勝手に紹介していきます。

 

パクチソンの魅力といいつつ、記事中盤からグループ・NCT DREAMの魅力を語り始めてしまっているので、あらかじめご了承ください。だいぶ長くなってしまいました。それでもやはり、彼はNCT DREAMの象徴的なメンバーだと思うので、チソン個人のエピソードからNCT DREAMというグループの面白さの分析へと話を掘り下げていくのだなと理解してくれれば幸いです。

NCT's Jisung To Sit Out Performances Due To Knee Injury | Soompi

基本情報

 

まず現在23人が在籍するNeo Culture Technology歌劇団のマンネ、チソン坊の話はデビュー前から始めることとします。

子役としての活動も少々、小5でSM練習生に

チソンに関しては、2013年末に小学生ながらSM Rookiesとして公開されてから、2016年のデビューまでのプレデビュー期間は東方神起ユノユノ先輩のMVに出演したり、ディズニーチャンネルSMTOWNに出てみたり、完全にSMの秘蔵っ子でした。高校生の兄さんたちを抑えるほどダンスに秀でたお子がいるという感じで、事務所も当時からだいぶ彼の能力を買っていた印象があります。

SM ROOKIES」チソン、東方神起 ユンホ&チャンミンの間で恥ずかしそうにピース - Kstylef:id:odekorim:20210505145203p:plain

 兄さん達に混じって、トニーテスタのダンスレッスンを受けている黄緑のちびっ子。動画は2013年末公開。

同じくプレデビュー期、2015年SHINeeの누난 너무 예뻐カバー。アギ神起(赤ちゃん東方神起)としてマーク、ヘチャン、ジェノ、ジェミン、チソンの5人でまとまっていた時期。このセンターをはってる小さなお子がチソン坊。確かに当時、お、この子は、、?と思いました。


www.youtube.com

なんてったって出力調整の天才、ステージで輝くスペシャなお子

チソンがNCT集団の中でもダンスが得意なメンバーというのは周知の事実だと思うのですが、筆者が主張したいのは、単に一ダンサーとしてのスキルが高いという以上に、カメラに映るアイドル、また見る人が自分を好きになってくれてなんぼなアイドルとしての表現がうまいという点です。

 

SMには「やっぱりセンスいい子たくさん持ってんなー。上質な素材は大手事務所に集まるのか...。いや、先に取られるのか...?」と思うような子達がたくさんいるわけです。そんな「いやー、やっぱそもそもの素材が抜群に違うわ」と思わされるアイドルの一人がまさにチソンパークであります(アイドルに野菜選びみたいな表現をしてしまって申し訳ない)。

 

頭ひとつ抜き出たダンス技術はご存知の通り。そしてなにより筆者が強調したい点が、チソン坊の抜群の出力調整センス。例えば、押せ押せのみ、これが俺らの気迫だーかっこいいだろー的なとりあえず勢い一辺倒なボーイグループダンスを定期的に見かけるとすれば、一方のチソン坊は引き算の能力に非常に長けていると思います。1曲3分半を通してずっと押せ押せでなく、振りと表情の両方を適度に引けるんですよね。この辺の緩急やポイント置きが非常に上手い。パフォーマンスの塩梅調整センスがピカイチだと思います。

 

ドリームはみな踊りが上手なのですが、個人の踊りの個性を矯正しないで有名なSM所属なので、それぞれスタイルがかなり異なります。そんな中で、曲のここぞという時にチソンのスタイルを真ん中に置いた時に、なんとも形容し難いのですが力があると筆者は思っております。元からこの子がパフォーマンスの核だよなと思ってはいたのですが、怪我で活動ができなかった2020年に初めてチソン不在のドリームのステージ(무대로/Déjà Vuを実際に目にすると、思った以上に欠けている感を覚えました。

 

 あまりにも説明が感覚的なものになってしまったので、そこらへんから取ってきたドリームの音楽番組動画をいくつか並べてみますかね。

 

2019年 BOOM:まさにこの匙加減

 2018年 1,2,3:いやー、このポイント置く能力

 

チソンに限らず、やはりドリームのメンバーは舞台上でのあり方、出力調整が上手いと思います。自分がカメラに映る時の表情の対応も各々ファインプレーが多い多い。そして歌う人は歌う、踊る人は踊るなどちゃんと各自のやるべきことをこなして、全体としてもキラキラすべきところはキラキラしてくれる、かっこつけるところはカッコつけてくれる。こういうことが普通に、そしてちょうど良い塩梅で出せるのがドリームのステージの上手さだと思います。

 

そして以下に筆者の超マニアック・チソンベストモーメント動画を並べておきます、一応。こういうところがチソンの底知れなさという部分を。

 

① 2016年末MAMA:事務所の二大推しテヨン、マーク個人パートを経て、2:00からの大所帯のセンターに入ってくる最年少のお子、、 。

② 2020年授賞式:3:08の曲の切り替え部分、チソン坊のセンス。そういうことができるんですよね。

③ 2019年SMTOWN in Tokyo: 0:23の表情はベストモーメント。5万人強(それも大半が先輩グループのファン)を相手にオープニングを務めるドリームチソンのこの表情。カメラマンナイスジョブ。


 

こんな感じでチソンパークの舞台センスの良さが伝わりましたでしょうか?

 

そしてこれ昔から観察してきた筆者の先入観なんですかね?もしかしたら最近から見ている人はNCTの23人いる中の1人という認識があるかもしれないのですが、筆者的には上は1994年生まれのお兄さんがいる中で互角に戦っている中学生、そして時に年上を差し置いてセンターに選ばれ、しっかり勤めを果たす、そんなスペシャなお子という印象が強くあります。普段は自分が最高だ的な自己主張は1ミリもなく、むしろダンス見せてと兄たちに言われても、僕うまくありません、わかりませんともごもご言っていたRookies時代のチソン坊のイメージ。でも踊ればどっからどう見てもスペシャなお子という。そのため、筆者は毎度毎度「やっぱそうだよな」的な目線で見てしまうのですが、そのようなフィルターなしに見る人が彼のステージにどんな感想を抱くのか気になりもします。

 

そんな大勢の年上に可愛がられて恥ずかしがっていたシャイボーイが、ちゃんとファン想いのアイドルに成長しました。以前怪我したか何かでスケジュールに参加できなかった際に事務所が何も発表しない中、心配するファンを見てか自ら大丈夫だと発信していて、チソンも立派なアイドルになったんだなと筆者は勝手に感心しました。幼いころに事務所に入り、よくわからないけれど周りの大人の話を聞きながら、ガイドされながらSMの”トレーニング”を積んできたのだと思うのですが、そんな最年少練習生がファンの存在を忘れない立派なアイドルになっているのを見ると非常に感慨深いです(誰

f:id:odekorim:20210509230450p:plain

イメージ図。

チソンを起点に考える、NCT DREAMの身の上

NCT DREAMがどのような集団か、NCT 127との関係、そして現在どのような状況に置かれているのかを説明するために、何かわかりやすいものに置き換えられないかと筆者が頭をフル回転させ思いついたのが、水泳選手の卵。

 

ドリームはオリンピックメダリストを輩出するような名門スイミングスクールで、選手コースの中でも本当の頂点にいるようなキッズかなと。そこらの地元の水泳教室の上級コースなんかじゃないです。めちゃめちゃ選手層の厚い強豪スイミングスクール(=SM Entertainment)。選手コースの中にもタイム別に何クラスも存在して、タイムが早ければ、どんなに幼かろうがどんどん進級していく世界で、中学生・高校生のジュニア選手(= NCT 127)がいるようなトップクラス・集団にまで小学生でたどり着くようなキッズがいたりするじゃないですか。ドリームたちはまさにそんなほんのひと握りの中高生のトップ集団に混じっている小学生なイメージ。伝わりますかね?

NCT DREAM | Wiki | •K-Pop• Amino

その歳にしてそのSMの強化クラスにいるだけの基準を満たしているということ。バタ足を習っている小4もいるなか、立派に中高生に混じりトップクラスに在籍し、全国レベルの試合に出ては大会新を出している小4・10歳という感じ。プルーサイド(舞台以外の場所)では小学生同士無防備に押し合ってみたり、ギャハギャハ走り回ったり、年相応に何も知らないでいるのに、いざ練習が始まれば騒ぐことなく年上と同じ練習メニューをこなし、試合で泳げばめちゃめちゃ早いと。

 

デビュー当初はNCT 127が中高生、NCT DREAMの中でも小4(チソン)、小5(残りの5人)、中1(マーク)ぐらいの差があったものの、最近は全員が成人したということでドリームの明らかなキッズ感は無くなってきたのかなと勝手に思っています。

 

それでもNCT DREAMの面白さは若さ、スタートの早さにあると思います。NCTという枠組みの中で切っても切り離せない127との上に書いたような立場関係もそれらを強調させるのだと考えます。

wid0y 🐥 📌 on Twitter: "The perfect height for NCT Dream (  @NCTsmtown_DREAM ) to give you a forehead kiss : Renjun : 163 cm Haechan :  164 cm Chenle: 164 cm

デビュー当初からDREAMで本気を出す気のない事務所、絶対的127優先

最近SMに思うことなのですが、SMってNCTにしろaespaにしろファンに歩み寄りなしで「これ理解してくれよ、よろしく」的に一方的にイスマンの夢ベースで作ったぶつを押し付けてきがちじゃないですか?それが面白くて笑ってしまうのは紛れもない事実なのですが。

 

そんな事務所なので、NCTを作った当初からNCT 127を他の諸先輩方の位置まで売れさせるという計画を書き換えることなく、ドリームはあくまでもサブユニットとして活動をしてきました。ドリームのファンがいかに彼らにポテンシャルを感じたところで、NCT 127を差し置いて手間暇をかけてもらえることはないのでファンはここ4年間もどかしさを覚えていたのではないでしょうか。人数が欠けた状態でどさ回りもたくさんしてきました。以下参考動画。


www.youtube.com

NCT DREAMの今後の展望

上に書いたように、NCT 127にSuperMにと基本的にマークの仕事に左右され、所属事務所による抑圧の歴史を持つドリームですが、個人的にはもうそろそろ振り回したりーなと思うところであります。高校自主退学どころか中学すらちゃんと通えず、普通の友達を作るのも難しい特殊な世界にいて、アイドルだけにかけてきた子達なのだからドリームでてっぺん取らせてあげてもいいのではと思ったりもします。そのために小さい頃から練習してきただろうに...。事務所への敵意ではなく、不憫に思うという感じですかね。結局彼らの今後は事務所の意向次第なのですが、小さい頃から面倒を見てきているのはSMなのだから、よろしく頼みますようと思う次第です(誰)

 

2018年の卒業公演で全員涙涙でマークを送り出したわりには、他の活動が一段落したところで7人に舞い戻り、今回Hot Sauceでカムバックをして現在リパケを控えているわけですが、今後ドリームをどうしていきたいのかはまだまだ未知で、様子を見守る必要がありそうです。

 

というわけで、チソンの魅力語りから始まり、ドリームの今後を心配するというところまで来たのでこの記事を終わりにしたいと思います。では。

f:id:odekorim:20210619154618p:plain

この先どうなることやら...想像不可

Hello Futureですか?